一般求人サイトで探すデメリット

工場の風景を確認しにくい

工場の仕事を探す時には応募先の職場がどんな雰囲気なのかを把握するために、工場内の設備や労働者の様子などが見られる写真の存在が情報源として非常に重要です。しかし、一般求人サイトではこのような写真による情報が専門の求人サイトと比較すると弱い傾向にあります。その理由としては、一般求人サイトは掲載した情報を頻繁に最新の状態に更新する訳ではないため、長期間に渡って同じ写真が使い回されてしまうという事態が発生する可能性があるためです。実際に求人に応募してみたところ、訪れた工場内の様子が写真で映された風景と全然違う様子だったり、写真で紹介されていた工場内の担当者が既に退職していたなどのアクシデントが発生することも少なくありません。

正社員採用の求人が少ない

一般求人サイトはフリーターや未経験者歓迎の求人を多く掲載する場合が多いです。そのような事情から、一般求人サイトに掲載される工場の求人は期間工や派遣の求人が目立ち、正社員の求人が少なめという傾向が見られます。つまり、工場で正社員として働きたいと思っている人にとっては使いにくい場合があります。工場の正社員の求人は企業のホームページに専用のページを設置して募集していることが多く、一般求人サイトには求人の掲載を見送るというパターンも考えられます。ただし、一般求人サイトには正社員の求人が少ないという傾向にあるだけで、全く掲載されていないという訳ではありません。一般求人サイトに工場の正社員の求人が掲載されている可能性も考えて求職活動をすることが大切です。